ここから本文です

北京・恭王府で「宮廷」を身にまとい…無形文化遺産のファッションショー

6/14(木) 17:35配信

CNS(China News Service)

【CNS】中国・北京市(Beijing)恭王府(Prince Kung’s Mansion)で、無形文化遺産の「光と彩」の刺しゅうファッションショーが催された。

【写真】「光と彩」を刺しゅうに表現

「北京刺しゅう」はかつて「宮廷刺しゅう」と呼ばれた古い伝統刺しゅうの一つ。2014年に中国の無形文化遺産に指定されている。(c)CNS/JCM/AFPBB News

※この記事は、CNS(China News Service)のニュースをJCMが日本語訳したものです。CNSは1952年に設立された中華人民共和国の国営通信社です。