ここから本文です

海洋環境保全を訴えるパネル展 宇和島

6/14(木) 17:40配信

愛媛新聞ONLINE

 海洋環境保全推進月間(6月1~30日)に合わせた宇和島海上保安部の写真パネル展が、愛媛県宇和島市曙町の市役所ロビーで開かれている。宇和海などでの海洋投棄の現状を示し、美しい海を未来へ残す必要性を訴えている。15日まで。
 会場には、投棄された養殖資材などによってサンゴ礁が死滅したり、浅瀬に鋭利なガラス瓶などが落ちていたりする場面をとらえた83点の写真パネルを展示。中には、吸い殻を足にはさんだカニや釣り針を食べたチドリなど痛々しい生き物の姿も。対面に美しい海に生息する魚などの写真を掲示し、比較して見られるようにした。
 警備救難課は「一見きれいに見える宇和海も海中を見れば多くのごみが沈んでいる。展示を見て、一人一人が海にごみを捨てず適切に処分することを心掛けてもらいたい」と呼び掛けている。

愛媛新聞社

最終更新:6/18(月) 12:40
愛媛新聞ONLINE