ここから本文です

さくらのクラウド、セイコーソリューションズの仮想L7ロードバランサーを提供

6/14(木) 10:09配信

ZDNet Japan

 さくらインターネットとセイコーソリューションズは6月13日、セイコーソリューションズの仮想L7ロードバランサー「Netwiser Virtual Edition SX-3890」を、さくらインターネットの「さくらのクラウド」において月額ライセンス提供すると発表した。提供開始は8月からの予定。

 Netwiser Virtual Edition SX-3890は、ソフトウェア版L7対応のロードバランサーで、国産品質の負荷分散・セッション維持・SSLオフロード機能などを搭載し、国内の官公庁、エンタープライズユーザーを中心に導入実績がある。日本語ウェブ画面で設定が可能だ。

 さくらのクラウドで提供する同製品は、初期費用不要で、月額制で利用できる。1ライセンスで実サーバ256台までの負荷分散とSSLオフロードが可能。コントロールパネル上からインストールし、すぐに利用開始できる。

最終更新:6/14(木) 10:09
ZDNet Japan