ここから本文です

トランプ米政権、8月の米韓演習中止を発表へ 14日にも

6/14(木) 12:30配信

CNN.co.jp

(CNN) トランプ米政権が14日にも、朝鮮半島で8月に予定されている米韓合同軍事演習の正式な中止を発表する見通しであることが分かった。事情に詳しい複数の政権当局者が明かした。

写真特集:CNNが見た北朝鮮の内部

トランプ大統領はシンガポールで行われた米朝首脳会談で演習中止の決定を表明しており、国務省と国防総省は現在、これを実行に移す方法を検討している。

国防総省は週内にも、トランプ氏の決定の実行に向けた詳しい指針を発表する見通し。国防総省がこの件に関わったのはシンガポールでの会談の後であり、トランプ氏が決定前に軍の助言を求めていたのかを巡り、疑問の声が上がっている。

トランプ氏が金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長に演習中止を提案することを思い至った経緯については、歴史的会談の余波が落ち着くなかで、詳細の一部が明らかになりつつある。

事情に詳しい情報筋は、トランプ氏がロシアのプーチン大統領から合同演習中止の案を受け取っていたとの説を否定。むしろ、中国の習近平(シーチンピン)国家主席の発案ではないかとの見方を示した。習氏はかねて演習中止案を公言しており、この問題についてトランプ氏と直接協議したこともある。

情報筋によれば、合同演習の中止は米朝会談にあたりトランプ氏が携えていった数多くの策のひとつだった。ただ、どの点で譲歩するかを最終決定したのは金委員長の姿勢を見定めた後だったという。

米軍の一部は合同演習中止の決定に不意を突かれたもようだ。米国防当局者は12日、CNNの取材に、「訓練演習の実施もしくは中止についての新たな指示は受け取っていなかった」と明かしていた。

最終更新:6/14(木) 14:57
CNN.co.jp