ここから本文です

IQスコア、過去40年にわたり低下 環境要因か ノルウェー研究

6/14(木) 16:02配信

CNN.co.jp

(CNN) ノルウェー人男性らの知能指数(IQ)が過去40年ほどにわたり徐々に低下しているとする研究結果がこのほど、米科学アカデミー紀要(PNAS)に発表された。IQ低下の背景については、遺伝ではなく環境要因がある可能性を指摘している。

今回の研究では、1962~91年に生まれたノルウェー人男性を対象にIQの値を調査。この結果、62~75年に生まれた対象者に関しては10年で3パーセントポイント近く値が上昇したものの、75年以降に生まれた人の間では徐々に値が下がっていることが分かった。

ノルウェーのラグナル・フリッシュ経済研究所の上級研究員によれば、デンマークや英国、フランス、オランダ、フィンランド、エストニアで行われた類似の研究でも、同様のIQ低下傾向が示されているという。

同研究員は「IQが一時上昇して今低下しているのは、環境に起因する」と指摘。「露骨な言い方になるが、頭の悪い人が賢い人よりも多く子どもを作っている訳ではない」とし、「家族内でも同じ値の差が見られることから、環境と何らかの関連がある」と述べた。

こうした環境要因の内容としては、教育制度やメディア環境、栄養状態の変化に加え、読書量の減少やインターネットに接する時間の増加などが可能性として考えられるという。

英エディンバラ大学のポスドク研究員によると、当初のIQ上昇はいわゆる「フリン効果」に沿っている。フリン効果は20世紀に起きた知能水準の長期的な上昇を指す用語で、教育機会の拡充がIQ向上につながったとみられる。

研究者は長年、知能の変動の説明にあたり環境要因よりも遺伝を重視してきた。だが、今回の研究はこの考え方を覆す形となっている。

最終更新:6/14(木) 16:02
CNN.co.jp