ここから本文です

(時時刻刻)福島第二の廃炉表明、思惑見え隠れ 東電

6/15(金) 5:30配信 有料

朝日新聞デジタル

 東京電力ホールディングス(HD)が、福島第二原発を廃炉にする方針を明言した。東日本大震災から7年もたって表明する背景には、柏崎刈羽原発(新潟県)が再稼働に向けて動き出したことや、東電の懸案である福島第一原発の汚染水処理問題が横たわる。▼1面参照

 ■新潟の再稼働に期待/汚染水処理への布石
 14日午前10時すぎ、福島県庁の知事室。第一原発の廃炉状況の説明に訪れた東電の小早川智明社長に、内堀雅雄知事は、いつものように第二原発全基廃炉の早期決断を要請した。
 これまで「社内で検討している」と繰り返してきた小早川社長が一転、「福島第二原発全号機、廃炉の方向で具体的に検討に入っていきたいと思う」と踏み込んだ。…… 本文:2,419文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

朝日新聞社