ここから本文です

〔ロンドン株式〕3日ぶり上昇(14日)

6/15(金) 2:00配信

時事通信

 【ロンドン時事】14日のロンドン株式市場の株価は、欧州株高や英通貨ポンドの下落を好感して3営業日ぶりに上昇した。FT100種平均株価指数は前日比62.08ポイント(0.81%)高の7765.79と、5月下旬以来3週間ぶり高値で終了。指数採用銘柄の約8割が値上がりした。
 FT指数は安寄り後にジリ高の展開となり、この日の高値圏で引けた。英CMCマーケッツのアナリスト、デービッド・マッデン氏は「欧州中央銀行(ECB)が少なくとも来年まで利上げしそうにないため、欧州株価は急伸した」と指摘した。
 個別銘柄では、向こう2年間で4600人の人員削減策を発表した英航空機エンジン製造大手ロールス・ロイスが6.5%高。アイルランド段ボール大手スマーフィット・カッパは3.2%高、英ガス・電力大手セントリカは3.0%高、英通信大手BTは2.9%高、郵便会社ロイヤル・メールは2.6%高。
 英生活用品大手レキット・ベンキーザーと製薬大手グラクソ・スミスクラインはそれぞれ2.3%高。石油大手BPと小売大手セインズベリーは共に2.1%高だった。
 一方、住宅建設大手パーシモンと英・オランダ系日用品・食品大手ユニリーバは各2.8%安。情報サービス大手レレックスは2.7%安、水道大手セバーントレントは2.6%安とふるわなかった。

最終更新:6/15(金) 2:27
時事通信