ここから本文です

浜松信金との合併決議 磐田信金、最後の総代会

6/15(金) 8:03配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 2019年1月21日に浜松信用金庫との対等合併を目指す磐田信用金庫は14日、同信金として最後の総代会を磐田市内で開き、合併や解散など11議案を決議した。浜松信金は15日の総代会で合併を諮る。

 合併契約書を承認する議案を審議し、理事10人と監事2人を新金庫の役員として推薦する選任手続きに同意した。信用金庫法の規定に基づき、浜松信金が存続金庫となるため、磐田信金は1月20日に解散する。総代は全員新金庫に引き継ぐ。

 新金庫の副理事長に就任予定の高柳裕久理事長は「68年の歴史で大きな転換点を迎える。合併で課題解決力を強化し、地域に真に必要とされるパートナーとして存在意義を高めたい」と決意を述べた。

静岡新聞社

あわせて読みたい