ここから本文です

『フォートナイト』のアカウント問題を受け、クロスプレイの重要性について任天堂がコメント

6/15(金) 8:06配信

IGN JAPAN

任天堂のE3 2018 Directの多くの発表の中で、『フォートナイト』のNintendo Switchでのクロスプラットフォームプレイが開始されることを任天堂とEpic Gamesが発表した。
Switch版では、 Xbox One、PC、Mac、モバイルデバイスでのクロスプレイ、クロスプログレッションが可能になる。しかしながら、プレイヤーならすぐにわかったと思うが、PS4の『フォートナイト』に連携しているEpic GamesのアカウントはSwitch版に引き継ぐことができない。

「フォートナイト」画像・動画ギャラリー

クロスプラットフォームプレイに関するソニーの選択は彼らのやり方だとと認めつつも、米国任天堂の社長、レジー・フィサメイは、任天堂のクロスプレイへの取り組みは、デベロッパーのビジョンを実現したいという気持ちからきていると説明している。
「私たちはデベロッパーとともに働いており、そのビジョンに命を吹き込むことを可能にしたいと思っています」とフィサメイは言う。「そして、『フォートナイト』であっても、コンソールでのクロスプレイが可能なそのほかの多くのゲームであっても、それはデベロッパーの立場から必要だと思われるものです。それに命を吹き込むために、私たちは彼らとともに働いているのです」
「競合相手がどうするかは彼らの決断になります。デベロッパー目線とファン目線、そのどちらもであることがゲームにとっては一番だと私たちは思っています」

クロスプラットフォームプレイ、そして、ソニーが明らかに直接の競合と組もうとしないという問題は、E3 2017で持ち上がっていた。昨年、Psyonixのジェレミー・ダナムは、『ロケットリーグ』が多くのクロスプラットフォームに対応していることと照らしながら、ゲーム業界におけるクロスプラットフォームの重要性についてコメントしていた。
PlayStationが『Minecraft』と『ロケットリーグ』のクロスプレイに対応していないことに関しては、昨年、ソニーのジム・ライアンは「我々のインストールベースに対する責任を考えなければならない」と発言していた。クロスプレイでのプレイヤーの安全性についてのソニーの懸念に、Xboxも反応を示している。
IGNは、Nintendo SwitchでのEpic Gamesのアカウントの問題について、ソニーにコメントを求めている。回答があれば、この件についての最新情報をお伝えする。

Jonathon Dornbush

最終更新:6/15(金) 11:06
IGN JAPAN