ここから本文です

【POG】ショウリュウイクゾは切れ味十分 母は重賞3勝の良血馬

6/15(金) 6:00配信

デイリースポーツ

 「新馬戦」(17日、阪神)

 輝く未来へ向けて、いざ出陣だ。父は三冠馬オルフェーヴル、母は重賞3勝のショウリュウムーンという良血馬ショウリュウイクゾ(牡、栗東・佐々木)が、日曜の阪神5R(芝1600メートル)で初陣を迎える。

 13日の最終リハではコンフェイト(3歳未勝利)と栗東坂路で併せ馬を行い、4F53秒4-38秒4-12秒1の時計を刻んで0秒3先着を果たした。佐々木師は「先週、騎手に乗ってもらったので今週は調整程度。ここに決めて準備をしてきたし、順調に来ている。仕上がりもいいです」と状態に太鼓判を押す。

 「この馬は中距離タイプ。1600メートルから2400メートルぐらいを考えている。気性は何も問題ないですし、クセもない。瞬発力があってキレがあるのが持ち味」と評価は高い。「まずは走ってみてからですが、センスは悪くないので楽しみですね」と、デビュー戦Vへ大きな期待を寄せている。

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ