ここから本文です

Ixia、400GbEテストシステムを展示 ワイヤレートで送受信と分析が可能

6/15(金) 6:00配信

Impress Watch

 Interop Tokyo 2018のIxia(キーサイト・テクノロジー合同会社)のブースでは、同社の通信テスト関連製品が展示されている。

【この記事に関する別の画像を見る】

■2Uに400GbEを8ポート備えたテスト装置

 最新機器として展示されていたのが、400Gigabit Ethernet(400GbE)テストシステム「AresONE-400GE」だ。大量のパケットを生成してネットワークに負荷をかけるテスト装置の一種で、400Gbpsのワイヤレートで送受信と分析に対応する。

 2Uの筐体に400GbEのQSFP-DDを8ポート搭載するという高密度を特徴とする。従来の製品では、モジュールの1つとして400GbEのモジュールを追加する形をとっていたが、AresONE-400GEではアプライアンスとして高密度を実現。これによって、特に排熱に大きな効果があるという。

 また、400GbEともなるとある程度のエラーが生じるが、それを修正する前方誤り訂正(FEC)にも技術を持ち、エラー訂正状況をモニターする機能を備える。

 なお、AresONE-400GEは、Interop出展各社の新製品から選ばれる「ShowNet Award」で、マネジメント&モニタリング&テスティング部門の準グランプリを受賞した。

■ネットワーク可視化ソリューションのパケットブローカー

 また、ネットワーク可視化ソリューションとして、ネットワークパケットブローカーのVisionOneも展示されていた。ネットワークを流れるパケットをモニタリングなどのために、アプリケーションを識別し、それに応じて必要なパケットだけをモニタリング機器やセキュリティ機器などさまざまな先に転送する。また、SSLの復号にも対応するのも特徴だ。

 サイズは1U。なお、VisionOneはShowNetの「多元的脅威検出・自動防御」のラックにも収められていた。

クラウド Watch,高橋 正和

最終更新:6/15(金) 6:00
Impress Watch