ここから本文です

ハナショウブ、華やかさ競う 滋賀・高島、初夏の名所に

6/15(金) 9:30配信

京都新聞

 滋賀県高島市今津町浜分で、住民が育てているハナショウブが見頃を迎えている。梅雨の晴れ間に紫や白、ピンクなど、色とりどりの花が開き、華やかさを競っている。
 約3千平方メートルの休耕田を利用して整備した「花菖蒲(はなしょうぶ)園」に17品種、約5千株のハナショウブが咲き誇り、併せて植えたアジサイも彩りを添える。一般公開も4年目を迎え、地域住民や観光客が散策する初夏の名所となった。
 同園を管理、運営する浜分環境クラブの岩本忠晴会長(65)は「かつては荒れていた土地が、花を通して人が交流する場所へと育ったことがうれしい」と喜ぶ。
 花菖蒲園は23日まで公開。JR近江今津駅の北東約2キロで、観覧無料。期間中、隣接する浜分草の根ハウスをオープンカフェとして午前10時~午後3時開放している。

最終更新:6/15(金) 9:30
京都新聞