ここから本文です

新聞「就活に役立つ」 学生に読み方解説「実践塾」 静岡

6/15(金) 8:03配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 静岡新聞社は13日、2020年卒業予定の学生を対象にした「実践就活塾」を静岡市葵区のSBS学苑パルシェ校で開いた。静岡県内の大学生ら12人が参加し、新聞の読み方やグループディスカッションのこつを学んだ。

 本社読者プロモーション局の担当者が、就職活動に役立つ新聞の読み方を解説。「社会の動きを知っていると面接などで役立つ。就きたい職業や連日登場する言葉に着目しながら読んでみよう」と呼び掛けた。

 グループディスカッションでは時事問題をテーマに議論した。働き方改革について話し合った班からは「私生活も充実させたいが、体を壊すほどでなければある程度の残業も必要では」との意見が出た。県内企業の採用担当者らも参加し、「普段から社会に関心を持ち、自分の意見を伝えられるようにしておくことが大事」などとアドバイスした。

 就活塾は全3回で、次回は20日。問い合わせは静岡新聞社読者部<電054(284)8984>へ。

静岡新聞社