ここから本文です

大阪・港区で「みなとまちかど音楽祭」 音楽・夜店に加えサーカスショーも /大阪

6/15(金) 10:26配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 八幡屋商店街(大阪市港区八幡屋1)で7月1日、地域イベント「みなとまちかど音楽会」が開催される。(大阪ベイ経済新聞)

夜店やワークショップを開催する(昨年の様子)

 同商店街の中央にあるドーム型広場「やまびこ広場」を会場に、地元で人気を集めるイベント「ひっぱり凧の夜店&ヤハタヤバル」の開催に合わせて音楽イベントを開きにぎわいを創出しようと始まった同イベント。3回目となる今年は地域で活躍するサーカススクール「いくらサーカス」のショーが初登場する。

 会場では、ハーバリウム作り、デコパージュ作品作り、楽器作りや演奏などの体験型ワークショップ9講座を展開する。「ヤハタヤバル」(15時~)では、窯焼きピザやからあげ、ケバブなど10種のフードを販売する。「ひっぱり凧(だこ)の夜店」(18時~)では、金魚すくいやスーパーボール、射的ゲームなどを用意する。

 「やまびこ広場」では、「いくらサーカス」(16時~)が、空中演技、ジャグリング、アクロバットなどを披露する。キッズバンド(13時~)と英国式ブラスバンド「ジャパンシンフォニーブラス」(18時~)による演奏も行う。6月15日は同所でプレイベントを開催する。「いくらサーカス」とフード屋台「Bar Ber Bar」がコラボし、サーカスを見ながら飲食が楽しめる。開催時間は18時~22時。
 
 同イベント実行委員の伊藤雄二さんは「今年の目玉は初登場の『いくらサーカス』。大人も子どもも楽しめるのでぜひご来場いただければ」と呼び掛ける。

 開催時間は11時~21時。

みんなの経済新聞ネットワーク

あわせて読みたい