ここから本文です

コロンビア公開練習にハメスがいない「筋肉に軽い問題」

6/15(金) 7:03配信

スポーツ報知

 ハメスはいなかった。西野ジャパンがロシアW杯1次リーグ初戦で対戦するコロンビア代表は14日、カザン郊外で公開練習を行った。練習にはコロンビアだけでなく、日本や英国、オーストラリアなどの報道陣ら約100人、ファン150人が駆けつけた。

 FWファルカオ(モナコ)やDFミナ(バルセロナ)らがフィールドは8対8のミニゲームを行うなど、軽めの調整。だが、エースのMFロドリゲス(バイエルン)とMFバリオス(ボカ・ジュニアーズ)はピッチに姿を現さなかった。MFのJu・クアドラド(ユベントス)はミニゲームには参加せず、ピッチの外に座って練習を見守った。チームに帯同するメヒア・ピンソン広報担当は「ハメス(ロドリゲス)は筋肉の軽い問題で別メニューとなっている」としており、宿舎でジムを使ったトレーニングを行ったという。コロンビアの地元ラジオ局のディナス・エスコバル氏(55)は「ハメスは明日のトレーニングには参加するだろう」と話した。

 練習後にはFWバッカ(ビリャレアル)とMFカルロスサンチェス(エスパニョール)が会見に登場。ACミラン時代にMF本田と同僚のバッカは「日本はW杯の出場国で、いいチーム。だが、僕らもいい練習をしてきている。自信がある」と、不敵に笑った。カルロスサンチェスも「僕らは特徴の違った選手がそろっている。試合が待ち遠しい」。日本に立ちはだかる南米の強豪は自信満々だった。

最終更新:6/15(金) 7:55
スポーツ報知