ここから本文です

韓経:不安定な為替レート…ウォン安続く可能性も

6/15(金) 9:49配信

中央日報日本語版

米国の攻撃的な利上げが予告され、最近落ち着いていた外国為替市場がまた不安定になった。14日のソウル外国為替市場で、韓国ウォンは前営業日比5.9ウォン値下がりしたした1ドル=1083.10ウォンで取引を終えた。終値基準では先月21日(1ドル=1085ウォン)以来のウォン安ドル高水準。

この日未明の米国の政策金利引き上げがウォン安ドル高につながった。12日の米朝首脳会談の結果も関係があるという分析も出ている。北朝鮮の非核化計画が具体的に提示されなかったうえ、トランプ米大統領の韓米連合訓練中断発言が韓国の地政学的リスク要因を浮上させた。

しかし市場参加者はウォン安が中長期的に続く可能性は高くないとみている。ウォン・ドル為替レートは今年に入って材料によって上下に動いたが、最近は明確な方向が見えず横ばいだった。

ウリィ銀行のエコノミスト、ミン・ギョンウォン氏は「米国の利上げで通貨政策の不確実性が解消されたという点で、国内の外国為替市場に及ぼす影響は大きくない」とし「国内債券市場で外国人の買いが続いている点などを勘案すると、急激な資本流出による為替レートの急変動が発生する可能性は低い」と予想した。また「韓国の輸出が依然として好調であるうえ、グローバル市場でドル供給量が増える点を勘案すると、ウォン高圧力は依然として強い」と説明した。6・13地方選挙の結果もウォン高要因に挙げられる。サムスン先物のチョン・スンジ研究員は「与党の圧勝は政府の政策推進力を強化するという点でウォン高材料」と述べた。

一方、新韓金融のハ・ゴンヒョン研究員はウォン安ドル高基調が続くという見方を示した。ハ研究員は「米国が通貨政策正常化基調を継続していて、欧州中央銀行(ECB)も量的緩和縮小決定を控えていて、韓国をはじめとする新興国としてはやや負担になる状況」とし「米中通商摩擦による投資心理の冷え込みなどを勘案すると、ウォン安の流れが続く可能性が高い」と述べた。

※本記事の原文著作権は「韓国経済新聞社」にあり、中央日報日本語版で翻訳しサービスします。