ここから本文です

8月の米韓軍事演習中止と米報道 トランプ氏意向受け

6/15(金) 8:05配信

朝日新聞デジタル

 トランプ米大統領が北朝鮮との非核化交渉中は米韓合同軍事演習を中止するとの意向を示唆したことを受け、米政府は8月に予定されていた定例の米韓演習「乙支(ウルチ)フリーダムガーディアン」の中止を近く発表する方針を決めた。米CNNが14日、複数の政権幹部の話として伝えた。

 トランプ氏は12日の米朝首脳会談後の記者会見で、米韓合同軍事演習を「戦争ゲーム」と呼び、北朝鮮との非核化交渉が続いている間は「我々は『戦争ゲーム』をやめるつもりだ」と語っていた。

 米国防総省の報道担当者は朝日新聞の取材に、「国防総省は大統領の意向に沿うオプションを提供するためにホワイトハウスと連携して取り組む」と答えた。

 一方、ポンペオ米国務長官は14日、ソウルでの日米韓外相会談後の共同記者会見で、「北朝鮮が完全に非核化したことを我々が確認するまで制裁解除はない」と言明。日韓の外相もこの方針を支持した。

 ポンペオ氏は同日、中国も訪れて王毅(ワンイー)国務委員兼外相と会談し、共同記者会見で「我々(米中)は北朝鮮の非核化後に制裁緩和をするという点を明確にした」と強調。王氏はこの点に言及しなかったが、「大きな目標は完全に一致している」と述べ、非核化の手順について「詳細に議論する必要がある」と述べた。(園田耕司、益満雄一郎=ソウル、鬼原民幸)

朝日新聞社