ここから本文です

「応援隊」独自に考案、健康長寿へみんなで体操 藤枝

6/15(金) 8:20配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 藤枝市西益津地区のお年寄りに対して健康維持を促し、地域の元気づくりを進める健康長寿応援隊が13日、住民向けの活動を本格的に始めた。地域の会合に出向き、独自に考えた健康長寿応援体操を住民と一緒に初めて行った。

 応援隊は西益津地区社会福祉協議会と市社会福祉協議会、市地域包括支援センターふじトピアの関係者で結成した。独自の応援体操は地域のお年寄りたちが、膝や腰を痛めるのを予防するのが目的。ストレッチを中心とした8分ほどのスローテンポの体操で、椅子に座った人でもできるように考えたという。

 13日は応援隊のメンバーが同市田中の亀城会館で開かれたふれあいサロン「かめさんの会」を訪問した。サロンの参加者約30人と体操に取り組み、ゆっくりと体を動かした。

 今後は応援隊が西益津地区のふれあいサロンや会食会、グラウンドゴルフなど地域の活動場所を訪れ、体操を通じて健康づくりを図る予定。西益津社協の一杉俊雄副会長は「みんなで一緒になって体を動かし、健康長寿につながるよう努力していきたい」と話した。

静岡新聞社

あわせて読みたい