ここから本文です

海の命のつながり学ぶ 静岡・東海大海洋科学博物館が出前授業

6/15(金) 8:57配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 静岡市清水区の東海大海洋科学博物館はこのほど、同区の蒲原西小で出前授業を開いた。学芸員の伊藤芳英さん(54)が講師を務め、5年生19人に海洋生物の食物連鎖について解説した。

 児童たちは、伊藤さんが由比漁港で採取した海水を顕微鏡で観察した。ケンミジンコや植物プランクトンを見つけると、外観の特徴をスケッチした。

 伊藤さんは「プランクトンを食べた魚を人間が食べている。海の環境を守ることが、私たちの生活を支えることにつながる」と説いた。女子児童(11)は「プランクトンの役割や生命のつながりが分かった」と語った。

静岡新聞社