ここから本文です

パワハラ認定の栄氏「直接謝罪したい」 至学館大での指導は継続する考え

6/15(金) 6:01配信

デイリースポーツ

 レスリング女子で五輪4連覇の伊調馨(ALSOK)らに対するパワーハラスメント行為が認定され、日本協会の強化本部長を辞任した栄和人氏(57)が14日、都内で会見した。日本協会が4月6日にパワハラ行為を認定後、公の場で口を開くのは初めてで「伊調選手、田南部力コーチに深くおわびしたい」と謝罪。今後、伊調らに直接謝る意向も示した。また、至学館大での指導は継続する考えを示した。

【写真】伊調馨「今後の推移に期待」

 栄氏はグレーのスーツで現れ、神妙な面持ちで頭を下げた。「ご指摘いただいたパワハラ認定を真摯(しんし)に受け止め、ご迷惑をおかけしたことを心からおわび申し上げます」。今後、日本協会の改善策プログラムを受講予定で「常に他人に敬意をもって接することを心がけたい」と再発防止を誓った。

 栄氏は第三者委員会の調査で、伊調への「よく俺の前でレスリングができるな」などという罵倒や不透明な代表選考など4点がパワハラ認定され、4月に強化本部長を辞任。問題の原因について「コミュニケーション不足が招いた」との認識を示した。17日まで行われる全日本選抜選手権中にも直接謝罪する意向を示したが、関係者の話によれば伊調が来場する可能性は低い。まだどこか平行線をたどっている印象はぬぐえなかった。

 至学館大での指導については「選手が希望するなら少しでも力になりたい」と継続する考え。谷岡郁子学長から「全員があなたの指導を受けたいと言っている」と聞いたといい「本当にこの子たちをどうにかしてあげたいと、選手の前で涙が出た」と声を震わせながら明かした。多くの金メダリストを育成した名将。不祥事でその名を汚したが、指導への熱は冷めていないようだ。