ここから本文です

Intel、5Gインフラの製品設計図を作成

6/15(金) 7:55配信

@IT

 Intelは2018年6月12日(米国時間)、パートナーと共同で新しい5Gインフラのレファレンスデザインを作成したと発表した。このレファレンスデザインにより、通信サービスプロバイダー(CoSP)は新たな収益源となるサービスを迅速に展開できるとしている。

 5Gインフラのレファレンスデザインは、統合されたさまざまなパートナーの市販コンポーネントを利用するもので、顧客がソフトウェア定義型でクラウド対応のアジャイルな5Gネットワークを迅速に展開するための青写真の役割を果たす。このネットワークは仮想現実(VR)、混合現実(MR)、拡張現実(AR)、スマートリテール、産業オートメーション、IoT(Internet of Things)、クラウドゲームをサポートするという。

 Intelは、新しいレファレンスデザインの重要な特徴として、業界の潮流であるオープンプラットフォームや業界標準を採用していることを挙げる。それらがもたらす効率性の恩恵を受け、企業は収益を生むサービスをエンタープライズおよびコンシューマー向けに迅速に展開できるという。

 また、新しいレファレンスデザインにより、企業は動的ワークロード処理や統合型クラウドオーケストレーションを利用して、ネットワークリソースを集中管理できるようになるという。

 さらにIntelは、このレファレンスデザインを使って、インテグレーターやODM(Original Design Manufacturing)、OEM(Original Equipment Manufacturing)、ISV(Independent Software Vendorなど)が、スケーラブルで柔軟なオープンアーキテクチャ上で、CoSP向けにエンタープライズソリューションを開発できるとしている。

 5Gインフラのレファレンスデザインでは、以下のソリューションが統合されている。

・Intelの「FlexRAN」レファレンスアーキテクチャに基づくエンドツーエンドの仮想無線アクセスネットワーク(vRAN)スタック
・Wind River Systemsの「Titanium Cloud」
・Radisysのレイヤー2および3ソフトウェア
・Mavenirの仮想LTEパケット交換機(vEPC)
・Amdocsのネットワーク機能仮想化(NFV)技術。この技術はOpen Network Automation Platform(ONAP)をベースにしており、Intel FlexRANベースのvNF(仮想ネットワーク機能)のリアルタイムオーケストレーションや、エンドツーエンドネットワークの完全な可視化といった機能を備える

 Intelのデータセンターグループ通信インフラ部門のバイスプレジデント兼ゼネラルマネジャーを務めるキャロライン・チェン氏は、「仮想化されたクラウド対応の5Gインフラのレファレンスデザインは、通信業界に5Gへの道を提示する。CoSPはこのレファレンスデザインを利用して、新サービスを迅速に展開し、エッジコンピューティングおよびサービスの開発に弾みをつけることができる。このレファレンスデザインが提供する統合済みコンポーネント間の相互運用性と、定評あるIntel技術は、市場投入期間の短縮に貢献する」と述べている。

最終更新:6/15(金) 7:55
@IT