ここから本文です

あの予言ネコ、ロシアの開幕戦勝利当てた 次の予言は…

6/15(金) 9:03配信

朝日新聞デジタル

 サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会で、現地で「予言ネコ」として注目されている耳が聞こえない白ネコ「アキレス」。14日(日本時間15日)のロシア―サウジアラビアの開幕戦の結果を見事、的中させた。

【写真】悩んだ末、ロシアを選んだ「予言ネコ」のアキレス=ロイター

 古都サンクトペテルブルクのエルミタージュ美術館で、ネズミ捕りの役割を果たしながら暮らすアキレスは、開幕戦前日の13日にプレスセンターに招かれ、結果を占った。多くの報道陣が見守る前で、両国の旗を立てた2皿のエサの前に座らされると、数分間、左右をキョロキョロ。においを交互に嗅ぎ、最終的に左側のロシアを選んだ。

 報道担当者は、その悩んだ様子から「前半は0―0。後半1―0でロシアが勝つ」とアキレスの考えを「忖度(そんたく)」。実際は、ロシアが前半だけで2点を挙げ、5―0で大勝した。

 2010年南アフリカ大会では、ドイツのタコ「パウル君」がドイツ戦の全7試合の結果を的中させ、「奇跡的」と話題になった。アキレスはロシア大会のテスト大会である17年のコンフェデレーションズカップで、4試合中3試合を的中させた実績がある。次の「予言」も注目を浴びそうだ。

朝日新聞社