ここから本文です

トルコ選挙戦中に衝突、4人死亡=大統領、クルド政党を非難

6/15(金) 8:02配信

時事通信

 【エルサレム時事】AFP通信などによると、24日に大統領選・総選挙が実施されるトルコで14日、イスラム系与党・公正発展党(AKP)議員の選挙運動中に議員側と地元住民らが衝突し、4人が死亡した。

 議員本人は無事だったが、死者の中には議員の兄が含まれているという。

 事件が起きたのは、少数民族クルド人が多数居住する南東部シャンルウルファ県スルチ。事件の経緯をめぐっては情報が錯綜(さくそう)しているが、議員側と地元小売り店主との間で口論が起きたのをきっかけに、銃撃を伴う衝突に発展したもようだ。

 事件を受けてAKP党首のエルドアン大統領は、クルド系政党・国民民主主義党(HDP)と反政府武装組織・クルド労働者党(PKK)を非難。「私たちはクルド人の兄弟との間では問題はないが、PKKとの間には問題がある」と述べた。 

最終更新:6/15(金) 8:05
時事通信