ここから本文です

現地宿舎に反応さまざま=実用性を重視―サッカーW杯・日本代表

6/15(金) 8:33配信

時事通信

 効果的な練習と体調管理に加え、英気を養う場にもなるベースキャンプ。13日にカザン入りした日本代表の反応は、さまざまだった。

 前回ブラジル大会は移動距離が長いなど調整に苦しんだ。この反省が生かされ、拠点があるカザンは日本戦が行われる3会場とも近い。今回はリゾート施設ではなく、地元ルビンのクラブハウスと練習場を利用。実用性が重視された。

 練習場のピッチについて、長友は「芝がきれいなのに、ボールがぶれる」と感じたという。日本とも欧州とも異なる環境。試合会場で同じことが起きないとも限らず、「(本田)圭佑が4年いたので、戦う場所の気候や芝の感じを聞きたい」と話した。

 設備に関する感想は、まちまち。長友は「こんなにすごく充実したのは見たことがない」と絶賛する。特にスチームとドライの2種類があるサウナが気に入り、「リラックスできる」と喜ぶ。

 一方、気分転換と会話の場となる大浴場はない。酒井高は満足しているとした上で「お風呂があったら、なおよかった」。どちらかというと、最低限の設備でサッカーに集中できる環境のようだ。(カザン時事)。 

最終更新:6/15(金) 8:57
時事通信