ここから本文です

鹿島の花火で婚活イベント 浜松、盛り上げへ同時開催

6/15(金) 8:58配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 浜松市天竜区観光協会は8月4日の花火大会、鹿島の花火(同協会天竜支部主催、静岡新聞社・静岡放送後援)に合わせた婚活イベント「鹿島の花火でご縁活」を初開催する。神谷征男会長(79)は「山と川に囲まれた風情ある所でいい思い出をつくってほしい」と話す。

 花火大会会場は遠州鉄道・天竜浜名湖鉄道「西鹿島駅」から徒歩5分。約4千発が打ち上がり、山々にこだまする爆発音と天竜川の水面に映る光が見どころ。1875年に始まった歴史ある花火大会として浜松地域遺産の無形民俗文化財にも認定された。

 同協会は例年婚活イベントを開いているが、これまで花火の準備で忙しい夏の時期は避けていた。ことしは会員らが伝統ある花火大会をさらに盛り上げ、天竜区を活気づけようと奮起し、同時開催にこぎ着けた。

 婚活イベントは午後4時、天竜二俣駅併設の同協会に集合する。

 男女でうちわ作りのワークショップをした後、川辺の会場まで一緒に移動し、山の幸が入った特製弁当を食べながら花火を観覧できる。応募資格は男女とも25~40歳ぐらい、参加費は男性5千円、女性3千円。定員は先着で男女各15人。

 花火大会のチケットは7月1日発売。前売り券800円。当日券千円(小学生以上)。チケットぴあで購入可能。問い合わせは同協会<電053(925)5845>へ。

静岡新聞社