ここから本文です

「ジュラシック・ワールド」新作に歴代最多の恐竜が登場、メイキング映像公開

6/15(金) 8:00配信

映画ナタリー

「ジュラシック・ワールド/炎の王国」に登場する恐竜にスポットを当てた特別映像が、YouTubeにて公開された。

【写真】「ジュラシック・ワールド/炎の王国」(他15枚)

「ジュラシック・ワールド」の続編となる本作では、火山噴火の予兆が捉えられたイスラ・ヌブラル島を舞台に、恐竜たちの生死を自然に委ねるか命懸けで救い出すか選択を迫られる人類の姿を描く。前作に引き続きクリス・プラットが主人公のオーウェン、ブライス・ダラス・ハワードがクレアを演じた。

この映像では、本作に過去シリーズの総数を超える歴代最多の恐竜が登場すると明らかになる。これまでのシリーズで人気を集めたヴェロキラプトルのブルーや、モササウルス、T-レックスのほか、ワニのように大きな口を開けるバリオニクス、戦うカルノタウルスとシノケラトプス、突進するスティギモロクといったニューフェイスの姿も捉えられた。ハイブリット恐竜“インドラプトル”については、プラットが「人殺しの本能を持つケダモノさ」と紹介している。また本作では、恐竜たちをリアルに描写するためにアニマトロニクスという技術を採用。映像にはそのメイキングやスタッフのコメント、撮影を回想するプラットの「彼らのおかげでヒトと恐竜の絆を美しく描ける」という言葉も収められた。

J・A・バヨナが監督した「ジュラシック・ワールド/炎の王国」は7月13日より全国ロードショー。



(c)Universal Pictures (c)Universal Studios and Amblin Entertainment, Inc. and Legendary Pictures Productions, LLC.

最終更新:6/15(金) 8:00
映画ナタリー