ここから本文です

【ロシアW杯頑張れニッポン】NEWS手越「僕らがドン引きするようなサッカーを」

6/15(金) 10:02配信

スポーツ報知

 14年ブラジル大会に続いて日本テレビ系のメインキャスターを務めるNEWS・手越祐也(30)。芸能界屈指のサッカー通で、代表選手と親交も深い。コロンビア戦は現地で観戦予定。愛情があるからこそ厳しく、そして期待を語った。

 リアルなことを言うと、1次リーグ突破の可能性は20%だと思っています。サッカーをすごく見ているからこそ、過大評価して「絶対突破できますよ」とは言えません。でも、4年前にスペインが1次リーグで敗退したように、何が起こるか分からないのがW杯です。

 4年前は現地で開催国だったブラジルの開幕戦を見ました。クロアチアが先制したときは、このままだとブラジルのサポーターが暴動を起こすんじゃないか、と思うほど。12番目の選手みたいに一喜一憂するのを感じました。日本には、そういう熱気が少ない。好きだからこそ厳しくていいと思う。本当に好きだったら、負けたら悔しいじゃないですか。

 今大会のメンバーが発表されたとき、やっぱり「堅い」と思いました。例えば昔、メッシがそうだったように久保建英くんを選ぶ、遊び心みたいなものも欲しかった。大舞台のラスト10分だけでも出場すれば、その経験が4年後、8年後に絶対生きる。

 1次リーグを突破するためには、僕らがドン引きするようなサッカーしかないと思っています。ドイツが、そう。めちゃめちゃ強いけど、派手に面白え!ってサッカーじゃない。そこを引っ張っていけるのが本田選手であり、長友選手であり、槙野選手。監督が代わって2か月で新しいチームをつくるのは難しい。しかも、90分×3試合しかない。メンタルの強さが一番。「絶対やります」と言霊を信じる選手に頼るしかない。

 今回の代表選手も、普段から親しくさせていただいている選手はたくさんいます。槙野選手とは「一緒にメシ行こうぜ」って言って、タイミングが合わないままロシアに行った。1次リーグ突破とは言わず、ベスト8まで行って、帰ってきたときに最高の食事をしたいです。(談)

 ◆手越 祐也(てごし・ゆうや)1987年11月11日、神奈川県生まれ。30歳。2002年ジャニーズ事務所入所、03年「NEWS」結成。04年5月「希望~Yell~」でメジャーデビュー。日テレ系「世界の果てまでイッテQ!」などにレギュラー出演。グループの新曲「BLUE」で日本テレビ系ロシア2018テーマソングを担当する。

最終更新:6/15(金) 10:10
スポーツ報知