ここから本文です

オリックス 今季初の同一カード3連勝&単独3位 「新4番」の吉田正がけん引 連夜のお立ち台

6/15(金) 6:00配信

スポニチアネックス

 ◇交流戦 オリックス8―2広島(2018年6月14日 京セラD)

 オリックスを今季初の同一カード3連勝&単独3位に導いたのは「新4番」の吉田正だ。先制打を含む2本の二塁打でけん引。連夜のお立ち台で声を張り上げた。「初めての交流戦なので楽しんで。とにかく勝ててうれしいです」。4回1死二塁では1ボールからフランスアの内角低め直球を強振して右中間へ。5―2の8回先頭では中越え二塁打で口火を切り、一挙3得点を呼んだ。

 左投手対策でT―岡田を外して右打者8人を並べた打線にあって4試合連続の4番。福良監督からは「左にも対応できるということで。4番の働きをしてくれた」と称えられた。従来の「代役4番」の表現とは違い、信頼感が込められた。12試合連続安打とし、過去2年は故障で不在だった交流戦で打率・393の躍動。「積極的に打ちにいっているのが良い方向に出ていると思う」とうなずいた。

 帰ってきたベテランも呼応した。再昇格の中島が4回に4月7日の西武戦以来の適時打。6回にも左翼フェンス直撃の適時二塁打を放ち、「また好機で回ってきたから“こら、また打たなアカン”って。追加点がほしい場面で打てて良かったよ」と笑った。

 今季最多の貯金3へ伸ばし、ついにソフトバンクを抜いた。交流戦勝率5割以上も決め、吉田正は「次も3連勝できるよう頑張ります」と声を弾ませる。Aクラス浮上で満足はしない。最大9・5差あった首位にも4差まで接近。下克上が現実味を帯びてきた。(湯澤 涼)

 ▼オリックス大城(25歳の誕生日に最近4試合で3発目の4号ソロ)ハイサ~イ! 打球が上がり過ぎたかなと思いましたが、届いてくれて良かったです。