ここから本文です

サッカーの実況中継を取り入れた音楽って? 滝川クリステルがブラジルの楽曲をご紹介

6/15(金) 7:00配信

J-WAVE NEWS

J-WAVEで放送中の番組『NIPPON EXPRESS SAUDE! SAUDADE...』(ナビゲーター:滝川クリステル)。6月10日(日)のオンエアでは、ブラジルのサッカーアンセムをテーマにお送りしました。


■サッカー観戦がもっと楽しくなる曲

4年に1度のサッカーの祭典「2018 FIFAワールドカップ ロシア」。現地時間の6月14日(木)~7月15日(日)までの約1カ月間、熱い戦いが繰り広げられます。J-WAVEでもジョン・カビラをはじめナビゲーターが熱い叫び声を上げる日々が続くことでしょう。

“熱い”といえばブラジルのサッカー中継のアナウンサー。即興で歌っているような早口でアナウンスし、ゴールが決まると度々「ゴーーーール! ブラジーーール!」と叫びます。

実はサッカー中継のアナウンスをもとに曲を作った音楽家が、エルメート・パスコアールです。ブラジルのスポーツアナウンサー、オズマール・サントスのナレーションに、メロディーとハーモニーをつけて曲にしています。タイトルは『Tiruliruli』。まもなく82歳を迎えるパスコアールはいまも現役で、5月には来日公演を行っています。

歌詞を紹介しながらブラジルの名曲の世界を案内する「ポエジーア・ブラジレイラ」のコーナーでは、ペレ&グラシーニャ『Meu Mundo E Uma Bola (Main Theme)』を紹介。この曲名は「私の世界はひとつのボール」という意味です。

この曲は1977年に作られたサッカーの王様、ペレのドキュメンタリー映画『ペレ』のメインテーマで、作詞作曲もペレ自身がおこなっています。セルジオ・メンデスがプロデュースとアレンジを担当し、ペレがセルジオの妻、グラシーニャとデュエットしました。

滝川はペレが作詞した『Meu Mundo E Uma Bola (Main Theme)』の歌詞を紹介。

みなさんいらっしゃい 一緒に歌いましょう
世界はひとつのボール まわっていくもの
時は止まらず過ぎていくもの 友達を作って一緒に歌いましょう
私はこのメッセージを残したい よりよい世界がやってくるように
悪意がなく戦争もなく兄弟のような世界 この地球でともに歌いましょう

地球をサッカーボールに見立てて平和の世界を祈る。人格者として評判が高いペレならではのメッセージなのではないでしょうか。

滝川:「サッカーボール=地球」というように見立てて、子どもたちにもシンプルにすっと伝えやすいものなのかなと、あらためて思いました。

続いて紹介したのは、サッカー・ブラジル代表のキーパーソン、ネイマールがブラジルの恵まれない子どもたちのために設立した財団「Institute Project Neymar Jr.」からリリースした1曲『O Amor Ta Ai 』。この曲名は「愛はそこにある」という意味です。10組以上のシンガーが集まって歌い、ネイマール自身も歌っていますが、「どれがネイマールの声なのかちょっと分かりませんでしたね」と苦笑いする滝川でした。

いよいよはじまる「2018 FIFAワールドカップ ロシア」。今回紹介したブラジルのサッカーアンセムを知ると、よりサッカー観戦が楽しくなるかもしれません。ぜひradikoで聴いてみてください。

次回、6月17日(日)は、リゾート気分満点、サマーシーズンにぴったりなボサノヴァの名曲を大特集。サッカー・ブラジル代表、ネイマールのファッションブランド「TOISS」のプレゼント企画もあります! どうぞお楽しみに!


【番組情報】
番組名:『NIPPON EXPRESS SAUDE! SAUDADE...』
放送日時:毎週日曜 17時-17時54分
放送局:J-WAVE(81.3FM)

最終更新:6/15(金) 7:00
J-WAVE NEWS