ここから本文です

W杯開幕戦 ロシアVSサウジアラビア 前半は2-0ロシアが圧倒

6/15(金) 1:02配信

SPORT.es

6月14日17:00(日本時間同24:00)から2018 FIFAワールドカップ ロシア大会が開幕した。

「韓国のメッシ」に出番はあるのか 背番号“10”でW杯へ

オープニングゲームは、首都モスクワのルジニティスタジアムで開催国のロシア代表と3大会ぶりの出場となるサウジアラビア代表が激突した。

今大会は、東ヨーロッパで行われる初めてのW杯である。ロシアの盛り上がりは相当なものであり国民の後押しを受け、是が非でも初戦を勝利で飾りたいところである。

対するサウジアラビアも12年ぶりの出場とあってモチベーションは高い。開催国を撃破しグループAの台風の目となれるか。世界中の注目がロシアに集まる一ヶ月が始まった。

試合は、サウジアラビアボールで前半のキックオフを迎える。
立ち上がりから両チームが球際で激しくぶつかり合い、アグレッシブな試合の入りを見せる。

前半2分にロシアが最初のコーナーキックを獲得するもサウジアラビアDFにクリアされシュートまでは持ち込めない。

前半6分にも再びロシアが牙を剥く。右サイドの細かいパス交換からサイドをえぐり、深い位置からの折り返しを11番ゾブニンがシュートを放つもDFにブロックされる。

ハーフウェイライン付近からジャゴエフがドリブルで持ち上がり、自らシュートに持ち込むが相手DFにブロックされ、コーナーキックを獲得する。その左サイドからのコーナーキックのこぼれ球をガジンスキーが高い打点のヘディングシュートを叩き込み、前半11分にロシアが先制に成功する。

早い時間帯の得点でプレッシャーから解放されたロシアは、両サイドを起点に攻勢を強める。

サウジアラビアも反撃に出る。前半20分に左サイドを単独で突破したファラジから11番のアルハイブリへラストパスを送るも、ロシアDFが戻りブロック。サウジが初めて決定機を作る。

前半22分にロシアにアクシデント。カウンター時にスプリントを試みた9番ジャゴエフが左太もも裏を痛め、元レアル・マドリードの6番チェリシェフが投入される。

前半30分を過ぎると徐々に試合のペースが落ち、やや落ち着いた試合展開となる。

中盤でボールを受けたFWスモロフが見事なターンから前を向き、追い越していったゴロビンに決定的なパスを送るがシュートは打てず。DFに倒されたようにも見えたが笛は吹かれなかった。

前半43分、右サイドからカウンターからスピードに乗ったゴロビンが駆け上がり、途中出場のチェリシェフへボールを繋げると、見事な切替しでDF2人を置き去りにし、得意の左足で豪快に蹴りこんで2点目をゲット。最高の時間帯での追加点となった。

アディショナルタイムは2分となるもスコアは変わらず、前半はホスト国ロシアが2点リードで後半へ折り返した。出足の良いロシアが立ち上がりからサウジアラビアを圧倒する展開となっている。

(文:SPORT)

SPORT

最終更新:6/15(金) 1:02
SPORT.es