ここから本文です

東方神起、少女時代、SHINeeの後輩!日本デビューしたNCT 127メンバーを直撃

6/15(金) 10:24配信

BuzzFeed Japan

韓国でのデビューから2年弱。

日本・韓国・中国・アメリカ・カナダなど、多様な国籍のメンバーで構成されたボーイズグループ「NCT 127」が、5月23日についに日本デビューしました!

そもそも「NCT 127」って?

NCTは、BoA、東方神起、SUPER JUNIOR、少女時代などを輩出したK-POPの最大手事務所・SM ENTERTAINMENTからデビューした、メンバー数に制限のない新しい概念のグループです。

「NCT」には「Neo Culture Technology」という意味があります。

そして、NCTの派生ユニットの1つが、この「NCT 127」なのです。

NCT 127の「127」はソウルの経度を指していて、「ソウルから全世界へ活躍する」という意味が込められています。

読み方は「エヌシーティー イチニナナ」です。

5月23日に発売された、日本デビューミニアルバム『Chain』は、韓国(ソウル)から日本(東京)へと繋がり連鎖(Chain)するというメッセージが込められています。

デビュー翌週のBillboard JAPAN Top Albums Salesで一位を獲得するなど、輝かしいデビューを遂げたNCT 127。

BuzzFeed Japanは、そんな日本デビューしたての彼らに、日本について、そして新曲について、インタビューしました。

メンバーは写真左から、ジャニー、ヘチャン、マーク、ユウタ、テヨン、ジェヒョン、ウィンウィン、テイル、ドヨン。

ジャニーはアメリカ人、マークはカナダ人、ユウタは日本人、ウィンウィンは中国人、その他のメンバーは韓国人です。17~23歳のメンバーで構成されています。

日本に来て、ビックリしたことは?

ウィンウィン「コンビニに驚きました。とても商品が多くてバラエティに富んでいるからです」

テイル「韓国のコンビニも種類は豊富ですが、日本のコンビニはそれ以上です」

お気に入りの日本の食べ物はありますか?

ジェヒョン「僕はユウタさんのおすすめでカボチャ味とサツマイモ味のアイスを食べましたが、とても美味しかったです」

ジャニー「ユウタと一緒に買い物に行くと、ユウタがいっぱい買ってくれて、『これ絶対食べたほうがいいよ』って勧めてくれるんです」

1/2ページ

最終更新:6/15(金) 10:24
BuzzFeed Japan