ここから本文です

なんでこれを作ったの!? 謎の拍手ロボット「ビッグクラッピー」に迫る

6/15(金) 9:00配信

bouncy

bouncy編集部が、「東京おもちゃショー2018」の取材でみつけた面白そうなおもちゃがこちらの商品「ビッククラッピー」。

事前の出展社情報をみての素直な第一印象は、「拍手するロボット……え、拍手するだけ? なんでこれ作ったの? 超面白いじゃん! 絶対見に行こう!」でした。

そんな会話をしつつ、向かった東京おもちゃショーの会場。

様々な最新おもちゃを横目に、bouncyが一目散に向かったのが、ビッグクラッピーを開発したバイバイワールドさんのブース。

ただ拍手するだけじゃない!

ビッグクラッピーは、センサーで人の気配に反応して拍手して喋る。使い方は電源を入れて6種類のシチュエーションから選ぶだけ。

店頭におけば「いらっしゃい!」
飲み会の時は「かんぱーい!」
お誕生日会には「お誕生日おめでとう!」

と喋りながら拍手をする。

さらにアプリに対応して「マニュアルクラップモード」にすれば、「一本締め」などのパフォーマンスや、スマホ内の音楽にあわせて自動で手拍子をしたり、ユーザーの声を録音して拍手とともに話してくれるなど、多種多様なカスタマイズができるという機能の充実ぶりだ。

実はこだわりの拍手

この拍手ロボットの開発の経緯を、製作したバイバイワールドの代表、高橋征資氏に聞きました。

ーーこの製品、どういう経緯で世に出そうと思ったのですか?

もともと僕が「やわらかいエンターテイメントな製品」をやりたかったんです。学生の時に「拍手」に着目して、10年以上気持ちいい拍手の音をだす技術を研究しました。そして今回、「人を盛り上げる拍手」にまとめあげたのがこれです。

ーーどういうシーンで使ったらいいと思います?

「楽しい場所をより楽しく」がコンセプトなんですよね。お店の前に置いて呼び込んだり、こういう展示会や似たようなブースが集まった時に、こいつがいるだけで人が集まったり、楽しい場所になる。そういう時に使ってもらえれば。

ーーデザインがすごく特徴的ですよね。なにか意識したのですか?

もうこれは、なにも迷わずに、拍手で目立ってユニークで人を呼び込むということを考えたらこうなりましたね。とにかくシンプルなやわらかい球体。手が付いていて、目と口がしっかりしている……って考えてたらこうなりましたね。

注目のマトになれる

楽しい場所をより楽しくするというコンセプトのこの商品。確かに多くのブースがあるおもちゃショーの中でも、明らかに目立っていた。

お店に置いても、会社に置いても、皆を楽しませてくれること間違いなし!
みなさまもおひとついかがですか?

バイバイワールド株式会社

Viibar.Inc

最終更新:6/15(金) 9:00
bouncy