ここから本文です

関空にビジネスジェット専用施設、今日開業

6/15(金) 8:20配信

ニュースイッチ

 関西エアポート(大阪府泉佐野市)は15日、関西国際空港の第2ターミナルビル(国内線)にビジネスジェット専用施設を開業する。2019年に大阪で開催する20カ国・地域(G20)首脳会議などを控え、需要拡大を見込む。規模は373・5平方メートルで24時間運用。国内・国際線共用で、専用の保安検査場や待合ラウンジなども設ける。利用料金は消費税抜きで1回20万円。

 17年のビジネスジェット発着数は約900回で、同施設を使用した年間発着数は400回を目指す。同社の升本忠宏執行役員は「国内外のお客さまの多様なニーズに応えたい」と意気込む。

最終更新:6/15(金) 8:20
ニュースイッチ