ここから本文です

台風6号が発生 16日に沖縄直撃のおそれ 大雨・暴風・高波に警戒

6/15(金) 10:13配信

ウェザーマップ

 きょう15日(金)午前9時、与那国島の西南西で台風6号が発生した。台風の中心気圧は992ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートルで、ほとんど停滞している。今月の台風の発生はこれで3個目となり、6月に台風が3個以上発生するのは5年ぶりとなる。(6月の発生数の平年値は1.7個)

 台風はこのあとも勢力を維持したまま、東よりに進む見通し。今夜にかけては先島諸島に、あす16日(土)には沖縄本島や奄美に近づく見込みだ。すでに沖縄では大雨になっているが、今後はさらなる大雨になるおそれがあるため、沖縄・奄美では土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫、高波に警戒し、強風に注意となる。

大雨・雷・突風

 台風6号や前線の影響で、沖縄・奄美では大気の状態が非常に不安定となる。16日にかけては雷を伴った非常に激しい雨が降り、大雨になるおそれがあるため、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水、氾濫に警戒し、落雷や竜巻などの激しい突風にも併せて注意が必要だ。

■16日正午までの24時間予想雨量
沖縄      250ミリ
奄美      150ミリ

 その後、17日正午までに沖縄では、さらに50から100ミリの雨が降る見通し。

強風・高波

 沖縄・奄美では16日にかけて海上を中心に強い風が吹いて、海はうねりを伴いしける見込みだ。特に沖縄では16日には大しけとなるおそれがあるため、うねりを伴った高波に警戒し、強風にも注意が必要となる。

■16日までに予想される最大瞬間風速
沖縄・奄美   25メートル

■16日までに予想される波の高さ
沖縄      6メートル
奄美      5メートル

最終更新:6/15(金) 11:06
ウェザーマップ