ここから本文です

壮絶カーアクション3連発 『メイズ・ランナー:最期の迷宮』本編映像公開

6/15(金) 10:01配信

ぴあ映画生活

本日より公開される、『メイズ・ランナー』シリーズの完結編『メイズ・ランナー:最期の迷宮』。この度、3つのカーアクションを凝縮した本編映像が公開された。

『メイズ・ランナー:最期の迷宮』本編映像

全世界累計興収が10億ドルを超えるメガヒットシリーズである本作。巨大迷路“グレード”を3年がかりで攻略し脱出したトーマスたちは、灼熱の砂漠で凶暴化した伝染病感染者クランクと闘いながら決死のサバイバルを経験し、自分たちが人類を滅ぼす伝染病対策のための人体実験サンプルである事実を知る。そしてサンプルを求める秘密組織WCKD(ウィケッド)によって、仲間のミンホがさらわれてしまうのだった。ミンホを奪還するために、トーマスと仲間たちは伝説のメイズに逆侵入することを決意する。

トーマス役のディラン・オブライエンを筆頭に、仲間を裏切り、秘密組織WCKDに身を置くテレサ役にカヤ・スコデラリオ、ともに戦うニュート役にトーマス・ブローディ=サングスター、ミンホ役のキー・ホン・リーらシリーズの顔が勢揃い。さらに注目の女優ローサ・サラザールが前作に続いてブレンダを演じ、シリーズ1作目から監督を務める映像派のボール監督が、特大スペクタクルの映像とドラマチックな結末を合体させ、完結編に相応しく仕上げている。

公開された本編映像の冒頭に登場するのは、WCKDの移送列車からミンホの救出に挑むシーン。列車に乗り込んだトーマスとニュートは、併走するブレンダとトランシーバーで連絡を取り合う。背後からWCKDの戦闘機が迫ってくる。容赦ない集中砲火が続く中、ホルヘ(ジャンカルロ・エスポジート)が見事なハンドルさばきを披露する。車中からブレンダが「トーマス、死なないで」と呼びかけ、トーマスは「そっちもな」と応じている。

続いて、トーマス、ニュート、フライパン(デクスター・ダーデン)の3人が、“ラスト・シティ”へと繋がる危険なトンネルを疾走する場面。3人を乗せた車に、トンネルに潜伏していたクランクが襲いかかる。車窓に張り付いて「中に入れて」と叫んだかと思えば、さらに多くのクランクが現れ、たちまち包囲されてしまう。パニック状態に陥ったトーマスたちは車を急発進させるが、クランクは容赦なくフロントガラスを殴りつけてくる。車を激しく蛇行させ、なんとかクランクを振り落とすことに成功するが、その反動で車は大横転してしまうことに……。

最後に登場するのは、“ラスト・シティ”を疾走する巨大バスだ。ハンドルを握るブレンダは、WCKDに囚われていた子供たちを乗せたバスを見事に乗りこなす。WCKDの追っ手がバスに追いつき横付けすると、ブレンダはいきなりハンドルを切り激しいクラッシュを仕掛ける。“レッドゾーン”の文字が鮮烈なバスに乗り、大型トラックの運転手も顔負けの大胆な運転で追っ手をまいたブレンダは思わず高笑いするが、バスの背後にはさらなる追っ手たちが猛迫してくる。その先には、もっと大きな危険が待ち受けているに違いない。シリーズ最大のカーアクションの連続に、大きな期待感を煽られる。

『メイズ・ランナー:最期の迷宮』
公開中

最終更新:6/15(金) 10:01
ぴあ映画生活