ここから本文です

東美濃ナンバー、住民意向再アンケートへ

6/15(金) 7:38配信

岐阜新聞Web

 自動車ご当地ナンバー「東美濃」の導入を目指す東美濃ナンバー実現協議会(会長・田代正美多治見商工会議所会頭)は14日、岐阜県多治見市内で会合を開き、9月28日の申請期限までに住民の意向を確認するアンケートを再度実施することを決めた。

 アンケートの内容や実施時期は次回以降の会合で決める。今年1月に行ったアンケートでは反対が賛成を上回っていた。住民の合意形成を図るため、7月25日に国土交通省の担当課長を講師に招いた講演会を同市内で開くことや、新たな啓発チラシを7市町が発行する広報誌に折り込み全世帯に配布することも決めた。

 周知活動は7市町の行政や観光団体などでつくる「ひがしみの歴史街道協議会」(会長・青山節児中津川市長)などと連携して取り組むことを確認した。

 出席者から、7市町のうち5市町の観光協会で組織する「東濃観光連盟」に中津川市と恵那市の観光協会も加わり「東美濃観光連盟」に名称変更を検討していると説明があった。

岐阜新聞社

最終更新:6/15(金) 7:38
岐阜新聞Web