ここから本文です

中国が新たなEV補助金制度開始、航続距離長いほど手厚く

6/15(金) 9:00配信

CNS(China News Service)

【CNS】中国の新たな新エネルギー自動車補助金制度が12日、正式に実施された。全国乗用車市場情報聯席会の崔東樹(Cui Dongshu)秘書長は、「補助金制度の変更で、航続距離が長い車種の販売が大きく増えるだろう」との見通しを述べた。

 財政部、工業情報化部など4部署は2月、新たな補助金政策を発表した。新規定では、航続距離が150キロ以下の電気自動車(EV)は、補助金の対象外となり、航続距離300キロ以上の車種は、補助金が2~14%引き上げられた。また、航続距離150~300キロの車種も、補助金が20~50%引き下げられた。

 崔東樹秘書長は、「補助金の要件が厳しくなり、走行距離が短い車種は撤退を迫られる。新エネ自動車業界の成長にはいいことだろう」と述べた。(c)CNS/JCM/AFPBB News

※この記事は、CNS(China News Service)のニュースをJCMが日本語訳したものです。CNSは1952年に設立された中華人民共和国の国営通信社です。