ここから本文です

あす16日から、愛媛県高校総体「水泳競技」開催

6/15(金) 9:24配信

愛媛新聞ONLINE

 第72回愛媛県高校総合体育大会の水泳競技は16、17の両日、松山市のアクアパレットまつやまで男女計32種目を行う。8位までが四国大会(7月14、15日・松山市)に進み、全国高校総体の切符を争う。各種目の有力選手を紹介する。

 【男子】50メートル自由形は愛媛国体出場の田口(松西)が筆頭。100メートルは梶田(新田)や横田(新田)田口(松西)桂(松東)らの接戦が予想される。200メートルは花山(松北)や山崎(宇東)ら1年生が有力で、400メートルと1500メートルは森貞(新田)が2冠を狙う。
 100メートル背泳ぎは個人メドレー専門だった大内(新田)に、芝(新田)や伊藤(新南)が絡む争いか。200メートルは連覇を目指す伊藤(新南)と愛媛国体出場の市川(八高)の戦いに注目したい。
 平泳ぎは100メートル、200メートルともに三好(松西)が頭一つ抜ける。100メートルバタフライは清水(南宇)が連覇を狙い、200メートルは100メートルでも上位をうかがう広川(松西)が有力だ。
 200メートル個人メドレーは3連覇が懸かる大内(新田)と冨山(大洲)が競る。400メートルは市川(八高)が大きくリードする。
 400メートルリレーは新田が有力で、松山北は4連覇を懸けて挑む。800メートルリレーは松山西、八幡浜、新田が競り合うか。400メートルメドレーリレーは層の厚い新田が優勢、松山西や八幡浜が追う。

 【女子】50メートル、100メートル自由形は菅原(松北)が連覇を狙い、調子次第では50メートルで県高校新、100メートルで大会新も見えてくる。200メートルは山村(宇東)、800メートルは吉田(新東)が頭一つ抜け、400メートルは吉田(新東)菊地(八高)渡部(西条)の三つどもえか。
 100メートル、200メートル背泳ぎは、昨年100メートルでインターハイ3位の秀野(新田)が自身の県記録や大会記録を更新するかに注目だ。
 100メートル平泳ぎは岡田、兵頭の松山西勢に3連覇が懸かる戒能(新田)が食らいつきたい。200メートル平泳ぎは、連覇を狙う戒能(新田)を兵頭(松西)が追い上げる展開か。
 100メートル、200メートルバタフライは愛媛国体少年女子B100メートルを制した平田(八高)の連覇が堅い。個人メドレーは200メートル、400メートルで泉(八高)が自己ベストを出せば大会新記録も狙える。巻幡(今西)は200メートルで3連覇を目指す。
 400メートルリレーは松山北が群を抜くが、メンバー次第で八幡浜も優勝争いに絡みそう。400メートルメドレーリレーは八幡浜を松山北が追う。今大会から追加された800メートルリレーは八幡浜が有力か。

愛媛新聞社

最終更新:6/15(金) 9:50
愛媛新聞ONLINE

あわせて読みたい