ここから本文です

「またアイドル界のトップへ」AKB48総選挙、松井珠理奈が悲願の王座で決意語る

6/16(土) 21:25配信

ねとらぼ

 アイドルグループ「AKB48」の53枚目のシングル曲(9月発売)を歌う選抜メンバーを決める「第10回 AKB48世界選抜総選挙」の投票結果が6月16日にナゴヤドームで発表され、SKE48 Team Sの松井珠理奈さんが初の王座に輝きました。2位はSKE48 Team Eの須田亜香里さんが躍進、3位はHKT48 Team KIVの宮脇咲良さん、速報1位だったNGT48 Team NIIIの荻野由香さんは4位となりました。

【画像】選抜メンバー16人を見る

 インドネシアのジャカルタを拠点にするJKT48は宗教上の祝日(レバラン)と重なるため辞退したものの、タイのバンコクを拠点とするBNK48や、台湾の台北を拠点とするTPE48など海外姉妹グループにも門戸を解放。名称も世界選抜総選挙と改めた今回は過去最多の339人が立候補しています。

 前回までに3連覇を達成したHKT48の指原莉乃さんやグループを卒業した渡辺麻友さん(前回2位)ら過去の総選挙で王座に輝いたメンバーのエントリーがなく、誰が1位になっても初の栄冠となる節目の総選挙。5月30日に発表された速報では、NGT48の荻野さんが自らの記録を塗り替える5万9531票を獲得し前回同様暫定首位に。これに優勝候補筆頭と目された松井珠理奈さん(SKE48)や宮脇咲良さん(HKT48)、岡田奈々さん(AKB48)、須田亜香里さん(SKE48)などが続く展開をみせていました。

 選抜メンバー16人はAKB48から5人、SKE48から5人、HKTから3人、NGT48から2人、NMB48から1人とSKE48メンバーが躍進。2009年の第1回総選挙で19位にランクインして以降、常に選抜メンバー入りしながら10年を過ごし、今回2位に4万票以上の差を付ける19万4453票を集め速報2位から逆転となった松井さん。

 スピーチを急かされる中、「今日は泣きません。だって感謝しかないもん」と48グループにかかわってくれる人への感謝を述べた後、「総選挙1位がゴールと思ってやってきた。だから……卒業しません」と感極まりながら「私は本気で48グループを1位にしないと気が済まない」とアイドル界のトップを目指す決意を語りました。

○第10回 AKB48世界選抜総選挙 選抜メンバー
1松井珠理奈(SKE48)
2須田亜香里(SKE48)
3宮脇咲良(HKT48)
4荻野由佳(NGT48)
5岡田奈々(AKB48/STU48)
6横山由依(AKB48)
7武藤十夢(AKB48)
8大場美奈(SKE48)
9矢吹奈子(HKT48)
10田中美久(HKT48)
11惣田紗莉渚(SKE48)
12高橋朱里(AKB48)
13向井地美音(AKB48)
14吉田朱里(NMB48)
15古畑奈和(SKE48)
16本間日陽(NGT48)

最終更新:6/18(月) 10:40
ねとらぼ