ここから本文です

最大時速25km! 折り畳んで電車に持ち込める電動キックボード「Voltron Light」

6/17(日) 18:00配信

bouncy

電動モビリティを開発するVOROが開発した最新の電動キックボード「Voltron Light」。3ステップで折りたたむことが可能で、電車の中に持ち運ぶなど、機動性に優れている。都市部におけるラストワンマイルの解決策になるかも?

手に入る?

「Voltron Light」はKickstarterでプロジェクトを実行中。出資プランは899シンガポールドル(約7.4万円)から用意されており、定価より数万円低く設定されている。日本への送料として、別途90シンガポールドル(約7,400円)も必要だ。

ただし、日本では公道で電動キックボードを運転するには原付の免許が必要で、ミラーやナンバープレートなどを装着するなど、各種保安基準を満たす必要がある。詳しくは当局に問い合わせてほしい。

もっと詳しく

折りたためばコンパクトに持ち運べる「Voltron Light」。特に難しい操作はなく、スタンドを立ててレバーで固定し、ハンドルを広げるだけ。折りたたんだ状態から3ステップで運転可能な状態になる。

ハンドルにはスロットル付きの液晶ディスプレイを搭載し、走行速度などが表示される。車体に沿うようにLEDライトが点灯しフロントライトやリアライトも搭載。夜道でも安心して走行することができそうだ。

最大時速は時速25kmとなっており、バッテリーが満タンの状態で、35kmの道のりを走行可能。重量は14kgと軽くはないが、持ち上げられないほどではない。電車などに持ち込めば、駅から目的地までの移動にも重宝するだろう。
・ ・ ・

排気ガスを出さずエコに都市部を移動できる「Voltron Light」。日本ではそのまま公道では乗れないものの、安全性を含めて法整備されれば、エコで便利な未来が実現していくかも。

VORO

Viibar.Inc

最終更新:6/17(日) 18:00
bouncy