ここから本文です

空港アクセス、混乱続く 大阪で震度6弱

6/18(月) 14:01配信

Aviation Wire

 6月18日午前7時58分ごろに大阪北部で起きた震度6弱の地震により、午後1時現在、伊丹と関西、神戸3空港へのアクセスに影響が出ている。JRや私鉄各線が運転を見合わせているほか、高速道路も通行止めが続いた。

 大阪空港(伊丹)を起点とする大阪モノレールは、18日はすべて運転を見合わせる。19日以降の運転再開も未定、としている。阪急電鉄は、大阪モノレールと接続する宝塚線のほか、神戸線と京都線など全線で運転を見合わせている。

 JR線は午後1時現在、関西空港線、大阪環状線や阪和線など、関西空港への路線が運転を見合わせている。南海電鉄の南海本線や空港線は、運転を再開したものの、遅れや運休が発生している。

 三宮から神戸空港へ向かうポートライナーは、正午現在、ほぼ平常どおりに運転している。

 阪神高速は、地震発生から通行止めが続いていたものの、午後1時から、都心部と池田木部を結ぶ11号池田線を除く路線での通行止めを解除。関西空港方面へ向かう4号湾岸線も通行できるようになり、伊丹空港へのアクセスとなる11号線も、安全が確認され次第、通行止めを解除する。

 高速道路を利用する、空港行きのリムジンバスは一部で運休や遅れが発生。伊丹空港では、バスやタクシーで都心部へ向かう人々で混雑している。関西空港と対岸のりんくうタウンを結ぶ関西国際空港連絡橋は、通常どおり通行できる。

 各空港を運営する関西エアポートによると、伊丹の館内施設で、一部に水漏れやひび割れなどの被害が発生。関空と神戸は館内施設に異常はなく、3空港とも負傷者も発生していないという。空港内店舗は、従業員が通勤できないなどの理由で、一部店舗で限定営業している。

Yusuke KOHASE

最終更新:6/18(月) 17:07
Aviation Wire

Yahoo!ニュースからのお知らせ