ここから本文です

<AKB総選挙>開催地・名古屋地区で瞬間最高視聴率25.4% 番組平均も20%超え

6/18(月) 11:10配信

まんたんウェブ

 アイドルグループ「AKB48」の53枚目のシングルを歌う選抜メンバーを決める「AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙(第10回AKB48世界選抜総選挙)」が16日、フジテレビ系で「第10回AKB48世界選抜総選挙2018」として生中継され、関東地区の番組平均視聴率は1部(午後7時~同8時51分)で5.7%(ビデオリサーチ調べ・以下同)、2部(午後8時51分~同9時24分)で11.0%を記録した。また開票イベントが行われた名古屋地区では、1部が9.6%、2部が20.7%を記録。瞬間最高視聴率は午後9時13分に記録した25.4%で、SKE48の松井珠理奈さんの初女王が発表された場面だった。

【写真特集】AKB総選挙 誰が可愛い? 今年の1~100位を写真で公開

 「選抜総選挙」は、AKB48のシングルを歌う選抜メンバーを、ファンによる投票で決定する年に1度のイベント。10回目の今年は、バンコクの「BNK48」、台北の「TPE48」を含む史上最多の339人が参戦し、第10回世界選抜総選挙記念枠(81~100位)が新設され、53枚目シングルの選抜メンバー及びカップリングメンバー、合計6グループ総勢100人を決定した。開票イベントは、ナゴヤドーム(名古屋市東区)で行われ、今年もフリーアナウンサーの徳光和夫さんと木佐彩子さんが司会を務めた。

 松井さんが初女王に輝き、2位はSKE48の須田亜香里さん、3位はHKT48の宮脇咲良さん、4位はNGT48の荻野由佳さん、5位はAKB48兼STU48の岡田奈々さんだった。

 番組は、開票イベントが行われたナゴヤドーム(名古屋市東区)の現地特設スタジオから生中継。昨年、史上初の3連覇を達成し、今年は不出馬だった「HKT48」の指原莉乃さんがゲスト出演し、副音声で生解説した。MCはフリーアナウンサーの宮根誠司さんと同局の三田友梨佳アナの2人が担当した。フジテレビが同イベントを中継するのは7年連続だった。

最終更新:6/18(月) 11:10
まんたんウェブ