ここから本文です

栃ノ心、引退後は協会に残るか未定

6/19(火) 6:06配信

スポーツ報知

 大相撲でジョージア出身初の大関となった栃ノ心が18日、都内の日本外国特派員協会で会見し「日本に来て13年。外国に住んでいるという気がしない。日本で嫌いなところはない」と、第二の故郷への愛着を語った。

 日本国籍を取得し、引退後に親方として日本相撲協会に残る可能性を問われ「まだ相撲協会に残るかどうかは考えていないし、日本国籍を持つことも考えていない」と述べた。右手首を痛めており、7月の名古屋場所に向けては基本運動を中心に稽古をしている。「強い体をつくって、優勝争いをしたい」と意気込んだ。

最終更新:7/17(火) 5:30
スポーツ報知