ここから本文です

東海の交通機関にも影響続く 三重は災害対策本部設置

6/18(月) 12:31配信

中京テレビNEWS

 大阪で震度6弱を観測した地震による影響は、これまでのところ中部電力浜岡原子力発電所やこの地方の空港では報告されていません。一方、通勤や通学時間帯の地震で交通機関に影響が出ているほか、けが人の情報が入っています。

 JR東海によると、東海道新幹線は地震発生直後に東京ー小田原間と名古屋ー新大阪間の上下線で緊急停止しましたが、その後運転を再開しました。

 四日市市で震度4を観測した三重県は災害対策本部を設置しました。これまでのところ、2人がけが人をしているとの情報が入っています。同県の鈴木英敬知事は「関西広域連合などとも連携して応援要請があれば迅速に対応していきたい」と話しています。

中京テレビNEWS

あなたにおすすめの記事