ここから本文です

イヌワシ悠々 白山・中宮、大空舞う

6/18(月) 1:45配信

北國新聞社

 白山市の中宮温泉ビジターセンター周辺で17日、石川県鳥で国の天然記念物であるイヌワシが姿を現し、上空を悠々と舞う姿が見られた。

 成鳥とみられる1羽は、上空をくるくると旋回した後、尾根の向こう側へと飛び去った。日本野鳥の会石川によると、イヌワシは県内では白山麓周辺で生息する。巣立ちの時期を迎える6月は、同ビジターセンターやブナオ山周辺などで、餌を求めて飛び回るという。

 新山英憲総務部長(76)は「イヌワシは警戒心が強く、人前に姿を見せることはめったにない。見つけられたら大変運が良い」と話した。

北國新聞社

最終更新:6/18(月) 1:45
北國新聞社