ここから本文です

豪メディア、敗れた韓国に厳しい評価…最低点はPK献上のキム・ミヌ「罪人となってしまった」

6/19(火) 0:52配信

GOAL

18日に行われたロシアワールドカップ グループF初戦で、スウェーデンが韓国を1-0で下した。オーストラリアの『FourFourTwo Australia』が各選手の採点を公表している。

韓国の美女はもう見た?ロシアW杯出場32カ国の女神たち【32枚】

同メディアは10段階評価のうち、両チーム全体で最低点となる『3』を、韓国のイ・ジェソン、そしてPKに直結するファウルを犯したキム・ミヌの2名に与えた。キム・ミヌについては「罪人となってしまった。彼のファウルでPKを献上してしまった」とし、イ・ジェソンには「スウェーデンの巨大な中盤を突破するために何もできなかった」と酷評している。

次点は、前線に入ったファン・フィチャンで「前半はまったくボールに触れなかった」と『3.5』とした。韓国の最高評価はこの試合で先発に抜擢されたGKチョ・ヒョンウで『7.5』が与えられた。「2度のスーパーセーブがあった。敗れた韓国のなかで唯一の光」と評した。

一方で両チームを通しての最高評価は、決勝ゴールのアンドレアス・グランクビストの『8』だった。「33歳の巨人は、韓国の脅威を広範囲で防ぎ切り、攻撃では15分でペナルティーエリアに2回突っ込んだ。そして、PKでスウェーデンに先制点をもたらした」と攻守における大車輪の活躍を絶賛している。

グループFは第1節の2試合が終了。初戦を制したメキシコとスウェーデンが1位で並んだ。次戦は23日に開催。スウェーデンはドイツと、韓国はメキシコと対戦する。

GOAL

最終更新:6/19(火) 0:53
GOAL

Yahoo!ニュースからのお知らせ