ここから本文です

「業務スーパー通」の私が、冷蔵庫に必ずストックしている「ヘビロテ食材3選」をご紹介

6/19(火) 12:02配信

マネーの達人

激安価格でお得に食材を購入できる、業務スーパー。

我が家の食費を1ヵ月2万5000円に維持できているのも、業務スーパーが役立っています。

ここでは、業務スーパー通の筆者が必ず冷蔵庫にストックしている、ヘビロテの優秀食材をご紹介します。

私が選ぶ、ヘビロテ商品の4つの共通点

私がヘビロテして購入している商品には、以下4つの共通点があります。

1. 普通のスーパーよりも価格が安い「業務スーパーブランド」
2. 味が良い
3. 色々な調理に使える
4. 家族が好むもの

■1. 普通のスーパーよりも価格が安い

業務スーパーで販売している商品の多くはコスパが高く、そのほとんどは業務スーパーブランドの商品です。

業務スーパーブランドの商品は、パッケージを簡素にしたり、大量生産することで価格を抑えているため、激安で販売することが可能となっています。

業務スーパーにも、普通のスーパーでも売っている有名メーカーの食品も取り扱っていますが、お得感を考えると、業務スーパーブランド商品がおすすめです。

■2. 味が良い

いくら値段が安くても、味が悪ければ使う気になりませんよね。

コスパも良くて、味も良い商品、高品質の商品を選びましょう。

「国内製造」のマークがついている商品は、ハズレが比較的少ないのでおすすめです。

■3. 色々な調理に使える

大容量が前提なので、賞味期限に使い切ることも重要になります。

限定的に必要な調味料や食材ではなく、様々な献立に使用できる商品の方がヘビロテ食材としては適しています。

■4. 家族が好むもの

家族が口にするものですから、みんなが好むものを購入することはとても大事です。

初めて購入した商品は、家族に「美味しかった?」と感想を聞いてから、リピートするようにしています。

ストックすべき! おすすめのヘビロテ食材3選

私が常に冷蔵庫へストックしている、おすすめの商品を厳選してご紹介します。

■1. ブラジル産鶏もも正肉

販売価格:738円(時期やお店によって変動します)

2kgの大容量ですが、コスパがとても良いので、我が家の家計を助けるにはかかせない食材です。

一般的なスーパーで、ブラジル産鶏もも肉を購入しようとすると、安くても100gあたり80~100円程度です。

一方業務スーパーの鶏もも肉は、100g35円前後と格安に購入できます。

自分で半解凍して小分けする手間はかかりますが、慣れればさほど面倒に感じません。

むしろ、下味をつけて冷凍したり、調理ごとに小分けカットしてから冷凍しておくと、時短ができるので一石二鳥になります。

から揚げや炊き込みご飯、鶏のてり焼き、チキンカレーなど、さまざまな料理に使えるので、買っておいて損はない商品ですよ。

1/2ページ

最終更新:6/19(火) 12:10
マネーの達人

あなたにおすすめの記事