ここから本文です

日本も苦しむことに?イングランド&チュニジアが戦った“敵”の正体

6/19(火) 6:48配信

ゲキサカ

 イングランド代表とチュニジア代表は、“虫”とも戦わなければならなかった。

 18日、ロシアW杯グループリーグ第1節の3試合が行われ、イングランドとチュニジアが対戦。1-1で迎えた後半アディショナルタイムにFWハリー・ケインが決勝点を挙げ、イングランドが2-1で競り勝った。

 ボルゴグラード・アリーナで今大会初の試合開催となったが、試合のほかに注目を集めたものがある。それは“虫”だ。英『スカイ・スポーツ』によると、ロシア南西部に位置するボルゴグラードでは、17日の夜にユスリカなどの虫が大量発生。試合に支障をきたす可能性があるとして、殺虫剤の散布が行われたが、試合中も虫が飛び回り、選手たちが払うようなしぐさを何度もみせていた。

 今後、ボルゴグラード・アリーナでは、ナイジェリアvsアイスランド、サウジアラビアvsエジプト、そして日本vsポーランドが予定されている。日本代表もこの“敵”に苦しむことになるかもしれない。

最終更新:6/19(火) 6:48
ゲキサカ