ここから本文です

コロンビア人男性、サランスクで日本人女性に侮辱的言葉を口にさせる…深刻な問題に

6/20(水) 8:58配信

GOAL

19日のロシア・ワールドカップのグループH第1節コロンビア対日本(1-2)が行われたサランスクで、コロンビア人男性グループが日本人女性に侮辱的な言葉を口にさせたとして、コロンビア国内で深刻な問題として扱われている。

大迫の奥さんも半端ないって!サッカー選手の美人すぎる彼女・妻たち【26枚】

SNS上に公開されたある動画が、悪い意味で大きな反響を呼んだ。サランスクで撮影されたその動画にはコロンビア代表ユニフォームを着たコロンビア人男性と、日本代表ユニフォームを着た日本人女性二人が映っている。コロンビア人男性は映像には映っていないほかの男性とともに、日本人女性の一人に「ハポン・ドス(日本2点)、コロンビア・ウノ(コロンビア1点)」とスペイン語で試合結果を言わせた後、「ジョ・ソイ・ビエン・ペラ」との言葉も口にさせている。

この「ジョ・ソイ・ビエン・ペラ」という言葉の意味は、「私は良い売春婦です」。動画は恥ずべきものであるとして、一気に拡散されることになった。

コロンビア人男性グループのこの行為に対しては、もちろん批判が殺到している。コロンビアメディアは「日本人たちがスタンドでゴミ拾いしている間に、コロンビア人たちは女性を侮辱した」「不届き至極」などと報じ、またSNS上では次のような意見が述べられている。

「こんなろくでもないことをするために違う国に行くならば、ユニフォームを脱いて、国旗も持ち歩いてくれるな。野蛮人め」

「行儀も敬意も欠けている。いつもこうした野蛮な人間が存在している」

「恥ずべきだわ。こうした人たちが、私たちコロンビア人全員を悪い人間にしてしまう」

日本、コロンビアの両サポーター間に友好的なムード、少なくとも敬意が存在したとされるこの試合だが、特定の人間の嘆かわしい行為がそれに泥を塗る格好となった。

GOAL

最終更新:6/20(水) 8:59
GOAL