ここから本文です

学校が射撃・拷問場…多い軍事利用、反対しない日本 「教科書ある環境を」高校生が防衛省に「調印」直談判

6/24(日) 7:00配信

withnews

 シリアで、アフガニスタンで、戦争をするために学校が使われていることを知っていますか。軍や警察、あるいはテロリストたちが「基地」代わりに使う目的で子どもたちを追い出し、授業ができなくなっている学校が世界中にあります。これを止めようと国際社会がつくった文書に、日本は署名をしていません。そんな状況をなんとか変えようと取り組んでいる高校生たちがいます。(朝日新聞国際報道部記者・軽部理人)

【写真】これが現実…… 軍やテロリストの「基地」になった学校、空爆の標的に 銃弾を点検する子どもも

学校が射撃場・拷問場……多発する軍事利用

 学校が軍やテロリストに狙われるのは、頑丈につくられているからです。国際人権団体「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」によると、占拠される学校は都市部から離れた郊外にあるケースが多いとのこと。郊外には頑丈で大きな建物が、学校の校舎以外に少ないからです。

 狙われた学校の教師や生徒は追い出され、教室が拷問場に、校庭が射撃訓練場にされるなどしています。

 国連児童基金(ユニセフ)などによって運営されている「教育を攻撃から守る世界連合」(GCPEA)の調査によると、2013~2017年にかけて、シリアやリビア、アフガニスタンやコンゴ民主共和国など世界29カ国で、学校が軍事利用されていました。

 ヒューマン・ライツ・ウォッチの調査によると、たとえばアフガニスタンのバグラン州にある村では、反政府勢力タリバーンが占拠していた中学校を2015年に政府軍が奪い返しました。ところが、1階で生徒が授業を受けるにも関わらず、2階に土嚢を積み上げたといいます。

 学校関係者は、当局に軍隊の撤収を命じる手紙を書いてもらいましたが、指揮官はこれを無視。生徒の試験期間中に再びその手紙を提示すると、教師や生徒が集まっていた方向に向けて士官たちが発砲することもあったそうです。

 アフガニスタンでは他にも2018年4月、南部のカンダハル州で爆弾を積んだ車が爆発し、小学校の校舎を破壊。子ども11人が死亡しました。

 また、内戦中のシリアでは2017年10月、首都ダマスカス近郊の東グータ地区で、幼稚園が空爆を受けた映像が撮られていました。アサド政権軍による攻撃だと考えられています。長引く戦闘で、シリアでは学校に通う年齢の子どもたちも数多く犠牲になっています。

1/3ページ

最終更新:6/24(日) 12:09
withnews